塾長の山行記録

地蔵平〜富士見峠〜織戸峠〜水ノ木

日程:2021/04/11

概要:丹沢のかつての林業集落跡である地蔵平と水ノ木を結ぶ廃道歩き。浅瀬入口から浅瀬橋を経て大又沢沿いの林道を北上し地蔵平へ。地蔵平から西の山中に入り、富士見峠と織戸峠を経て水ノ木へ抜けた後、世附川沿いの道を浅瀬へと下る。

分類:関東周辺

山頂:---

同行:---

ハイライトシーン

▲富士見峠。ここからの富士山を見ようと思っていたのに、別のことに気を取られて見逃してしまった。(2021/04/11撮影)
▲織戸峠。いずれは菰釣山からこの峠を越えて南へと縦走してみたい。(2021/04/11撮影)

鍋割峠越え・尊仏岩跡に続く次の丹沢古道歩きとして狙いをつけたのは、昨年三ヶ瀬古道を歩いた後から検討を重ねていた富士見峠・織戸峠越え。この二つの峠は、菰釣山から南南東に伸びた尾根が大栂ピークで分岐して分かれた二本の尾根をそれぞれ跨ぎ越すポイントで、これらを越えて東西に続く古道はかつて西丹沢の二大林業センターであった大又(地蔵平)と水ノ木(馬印)をつないでいた道です。

このうち大又の歴史については三ヶ瀬古道の記事の中で触れた通りですが、水ノ木も大正時代に国有林の払下げを受けた事業者が製材所を作り、人を雇って製材・製炭を行なっていたところ。最盛期には二十数世帯が住み着き、分教場が置かれた時期もあったそうです《『山中湖村史』第3巻 p.769》。これは興味津々と冬の間に各種文献を調べていたのですが、ようやく身体を動かせるようになったのでプランを実行に移すことにしました。

2021/04/11

△08:15 浅瀬入口 △09:15 浅瀬橋 △10:20 千鳥橋 △10:50-11:10 地蔵平 △13:10-15 富士見峠 △14:10 上法行沢 △14:30-35 織戸峠 △16:15-20 水ノ木 △17:30 浅瀬橋 △18:20 浅瀬入口

始発の電車に乗って小田急線・新松戸駅から西丹沢ビジターセンター行きのバスに乗り、浅瀬入口で下車。ここでバスを降りたのは私一人でした(寂)。

長い落合トンネルを抜けると、彼方には富士山。さらに少し歩くと寺沢橋の手前に石碑が並んでいる一角がありました。石碑は左から順に「供養塔」「水神様」「世附百万遍念佛発祥地」「望郷之碑」。なるほど、このあたりは1978年の三保ダム竣工により丹沢湖が生まれるまで世附集落があった場所なので、水没した村を偲んでの「望郷」なのでしょう。また、世附百万遍念佛は600年前から継承されてきた山北町の念仏行事で、県の無形民俗文化財。向原に移転した能安寺で今でも毎年2月中旬に、巨大な滑車に取り付けた大数珠を回転させながら念仏を唱える独特の行法が見られるそうです。世附集落がこの地にあったことは知識としては知っていましたが、実際にその故地に立ってみるとひとしおの感慨があります。

うららかな陽気の中、さらに西に進んで浅瀬橋を渡り、ここから右に曲がって大又沢沿いの道を北上します。本当は起点を浅瀬入口ではなく細川橋にして二本杉峠を越えて大又沢に入った方が時間短縮になりそうなのですが、帰りに水ノ木からかつての世附森林鉄道浅瀬金山線の跡を歩くことになるので、どうせなら行きも同・大又沢線の跡を歩いてみようと考えた結果のコースどりです。しかし、正直に言えばこの林道歩きは退屈で、歩き出してしばらくすると峠越えにしなかったことを後悔し始めてしまいました。

それでも潤いというのはどこかしらにあるもので、予想外に立派な大又沢ダムの上流側には大又ブルー(?)、千鳥橋の先から左前方を見上げると「大又のトトロ」。そのたびに写真を撮ることに夢中になるのでなかなか足が捗りません。

歩き始めて2時間半ほどで、懐かしい地蔵平に到着しました。まずは山の神に立ち寄って今日の安全を祈願し、ついで地蔵堂の前を通って広場へ。前回ここに来たのは昨年の12月上旬でしたから冬に向かっていささか物寂しい雰囲気が漂っていましたが、今日の地蔵平周辺は新緑が芽吹きつつある明るい景色です。ここでこの日初めてザックを下ろし、出掛けにコンビニで買ってきた昼食をとりました。

休憩を終えて振り返ると、南西の方にこんもりとした尾根が見えています。あれがこれから向かう富士見峠へ通じる尾根筋で、そこへの第一歩は地蔵堂の前から西に向かっての大又沢の渡渉から始まります。水量は少なめですが、かと言って飛び石で足を濡らさずに渡るのは少々難しく、ここは覚悟を決めて水の中にじゃぶじゃぶと足を踏み入れて渡りました。

大又沢を渡り、さらに西から合わさるイデン沢を渡って南にある尾根の斜面にかすかな踏み跡を見つけて乗り上がると、わずかな高さを登ったところではっきりした径路跡にぶつかりました。試みにこの道を下り方向に少し辿ってみると道は尾根の右(北)側を上流方向へ下っていましたから、先ほど取り付いた斜面よりもイデン沢をもう少し遡ったところに旧径路の登り口があったようです。そして人が歩くだけなら不要と思われるこの径路の道幅は、この道が物資を運搬するための道でもあったことを示しています。もしかするとその担い手は、人ではなく馬だったかもしれません。

荒れた沢筋を渡る箇所もあり、ここから斜面を上がってしまおうかとも考えたのですが、上掲の地形図でルートを確認すると径路は向こう側にある尾根までトラバースするはず。しょうがないなと崩れやすい斜面を慎重に渡って沢筋の奥の斜面をよじ登ると、そこには中途半端に包帯を巻かれたミイラのような木々が林立するシュールな光景が待ち構えていました。

そうした恐ろしい植林帯を抜けると、明るく開けた斜面に見事なミツマタの木。そして背後には二本杉峠とその右の権現山がはっきり見えています。

878mピークからは高低差がほとんどない穏やかな尾根歩きになりました。この尾根の南側には富士見峠林道が走っているのですが、旧径路は尾根の上から北斜面に通じていたので林道は使いません。やがて尾根の先に道型が北斜面へ通じている箇所が現れ、そちらに踏み込むとところどころにブロックを積んだ擁壁が現れましたが、概ねそうしたところは道型が失われて斜面の際どいトラバースになっていました。

それでもトラバースを続けてきたものの、富士見峠を目の前にしたこの沢筋で行き詰まってしまいました。富士見峠はこの写真で見切れている右側にあるのですが、沢を挟んでこちら側の斜面にも向こう側の斜面にも道の痕跡が見当たりません。下の沢筋に降りれば林班図に言うところの富士見歩道に出て富士見峠へ登り返せることはわかっているのですが、ここは安全第一で巻き上がることにしました。

わずかのアルバイトで尾根上に出て、無事に富士見峠に到着。すんなり到着していればここから富士山を眺めていたことでしょうが、このときは先ほどの渡り切れなかった部分が峠側からではどうなっているのか確かめることに頭が一杯で、ただちに峠から右後ろに続いている径路に足を踏み入れました。

しばらく歩くと、こちら側もザレた法面が露出していてかなり微妙な感じ。踏み跡はあるものの、ロープで確保されていなければ踏み込もうという気にはなれません。残念に思いながらGPSの軌跡を見てみると、この途切れた区間はほんのわずかであったこともわかりました。

富士見峠に戻ってわずかの間は富士見峠林道を歩きます。このまま林道を歩いてしまう方がもちろん楽なのですが、旧径路はこの林道よりも低い位置を通っていたので、深い沢筋をひとつやり過ごしてから左の斜面に下りました。

右上に林道が見えているくらいの低さに獣道程度の踏み跡が続き、その先の沢筋へ微妙なトラバースで下っていくと、今回見つけたいと思っていた探し物がありました。

それがこれ、刻み目のある岩と斜面ににょっきり生えている鉄の棒です。一説には桟道の跡ではないかと言われるものの、正直に言えば見た限りでは私にはその正体が何であるかわからないのですが、少なくともここから先へ進めば径路が出てくることは間違いないので、これを見つけて「本線に乗れた」と安堵しました。

鉄の棒からすぐの斜面は踏み跡が薄く続いているだけですが、わずかの距離をトラバースすると植林の中に立派な径路が復活します。

もちろん現役の道ではないので、倒木に覆われていたり道型が崩れていたり鹿網が塞いでいたりしますが、歩行には支障ありませんでした。

最後は気分のよい山道歩きで上法行沢に出ました。ここは明るく開けた桃源郷のようなところ……と言うのはちょっと褒め過ぎですが、せせらぎの音と日当たりの良さを楽しみながら弁当を広げたくなる雰囲気でした。

対岸の赤テープにありがたく導かれての登り返しは、これも明瞭な径路跡から。ただし、この「径路跡」については実はちょっとしたいわくがありました〔後述〕。

ところによって薄い踏み跡のトラバースになるのはこれまで通りなので、もはや驚きません。

天然林に囲まれた慎ましやかな雰囲気が好ましい織戸峠に到着。地面には「界六」と読める境界標石が浮き上がり、近くの木には「織戸峠」と書かれた手製の木札が二枚ぶら下がっています。ここで地蔵平を発ってから初めてザックを下ろし、行動食を口にしました。この峠は菰釣山から大栂を越えて南進する尾根の上にあり、そのまま南に進めば椿丸に達し、さらに西へ向かうと山神峠に出られます。玄倉の山神峠は昨年歩いていますが、こちらの山神峠にもいずれは菰釣山から尾根通しで行ってみたいものです。

織戸峠からの下りも一筋縄ではありませんでした。まずは峠から左に続くはっきりした径路を辿ったのですが、しばらく渡った先で道が消えており、仕方なく少し戻って顕著な尾根を確信のないままに下ってみました。

すると径路が左から右へと尾根をまたぐ場所に降り付き、尾根を下って正解だったかと喜びながらこの径路を下ったのですが、またまたザレた斜面の際どいトラバース。ロープが欲しくなるほどではありませんが、それでもここは一歩一歩慎重に。

無事に織戸沢に降り立って見上げると、トラバースした斜面はこんな感じです。

織戸沢の中は大きな段差がなくて概ね歩きやすく、やがていくつかの支流を集めて川幅が広がったところで左岸に旧径路らしき平坦な地形が見られ、さらに進むと右岸に林道が通っている場所に出ました。ここが最後の思案のしどころで、事前の地形図の精査では旧径路は今の林道より低いところを通っていたのだろうと考えていたのですが、このあたりから下流に向かう右岸の斜面はそこそこ傾斜があり径路探索には時間がかかりそう。しかるにこの時点で15時半近くになっており、最終バス(浅瀬入口19時18分)のことを考えるともう試行錯誤はできない状況です。

よって、ここは泣く泣く林道に乗り上がり時間を稼ぐことにしました。道すがらも左下の斜面が気になって仕方なく、見下ろすたびに「あぁ、あの平坦な地形は間違いなく旧径路だな」とがっかりしたり「それにしてもこのガレ場を渡るのは厳しいだろう」と胸をなで下ろしたりと一喜一憂。そうこうするうちに水ノ木に通じる尾根に達し、ここで林道を離れて尾根の左斜面を下っていきました。

予想した通り、この尾根の途中に左から十分な幅のある径路が入ってきており、この道を下ると織戸沢が水ノ木沢に合流する地点に出ることができました。穏やかな流れの水ノ木沢も靴を水に浸からせて渡り、ひと登りしたところが水ノ木で、ここがこの日の山行の事実上のゴールです。

冒頭に記したように水ノ木にもかつては林業集落があったと聞いているので、とりあえず目の前の階段を登って台地上の広場に出てみましたが、時間が押しているためざっと見渡しただけで踵を返すしかありませんでした。それに、実際には水ノ木といってもピンポイントでこの辺りに集落が存在したわけではなく、世附川の左岸や上流に人々の営みが広く分布していたようですから、その跡を探そうとすればそれだけで大ごとになりそう。そうした仕事は専門家に委ねることにして、今日のところはおとなしく帰路につくことにします。

水ノ木橋から浅瀬への道はかつての世附森林鉄道浅瀬金山線の跡。よって基本的に平坦な歩きやすい道が続いており、部分的に荒れているところもありはしましたが、それでも快調に飛ばすことができました。

落合トンネルの手前から振り返り見る富士山の図。結局、最終バスの時刻まで十分なゆとりを残して浅瀬入口に帰り着くことができたのですが、ここでバスが来るのをじっと待つ暗く冷え込んだ1時間がこの日一番つらい時間でした。


最後に織戸沢沿いの林道を使わざるを得なかったことが残念でしたが、この手の山歩きにおいて一発で満点の結果を出そうというのは土台無理な話なのかもしれません。今回は、曲がりなりにも地蔵平から水ノ木まで歩き通せたことをもって、目標は達成できたということにしておこうと思います。

ちなみに、地蔵平から水ノ木までにかかった時間(富士見峠での径路確認と織戸峠での休憩を除く)を1972年版の『山と高原地図』に記されているコースタイムと比較すると、おおよそこんな感じでした。

区間 コースタイム 今回の実時間
地蔵平→富士見峠 60分 120分
富士見峠→織戸峠 30分 75分
織戸峠→水ノ木 40分 100分

ルートファインディングや悪場での逡巡などもあってやはり相当に時間がかかりましたが、初見としてはこんなものでしょうか。いや、ちょっとかかり過ぎかな?同ルートをもう一度歩けばそこそこ時間短縮できそうではありますが、その代わり水ノ木手前の林道区間で今回諦めた旧径路を探しながら歩いたらもっとかかりそうでもあります。

さて、昨年の山神径路に始まり三ヶ瀬古道鍋割峠越え・尊仏岩跡、そして今回と丹沢の古道・廃道歩きが続きましたが、それなりの満足は得られたのでこの路線はこれで一段落です。次に取り上げるとすれば大山・東丹沢の修験にまつわる行者道だろうと思いますが、なにしろそのエリアは「ヒルの楽園」なので、取り組むにしても次の冬。よって、これからの季節は自分にとっての本来の路線である「癒し系バリエーション」に回帰したいと考えています。

COVID-19の影響で行動制限が課されなければ、ですが……。