▲『山と高原地図 大山・塔ノ岳・中津溪谷』(昭文社 1972年版)〔今回の山行に関する部分を抜粋〕

地蔵平から水ノ木まで実線ルートが通っているほか、二本杉峠の位置、三ヶ瀬古道が全線実線であること、丹沢湖がまだなくバスが浅瀬まで通じていることなど、いろいろと興味深い。