塾長の山行記録

前ヶ岳南壁V字第二スラブ

日程:2021/10/10

概要:霧来沢を遡行して前ヶ岳南壁V字スラブ群に通じる枝沢に入り、V字第二スラブを登攀。稜線から藪漕ぎ1時間で杉山ヶ崎尾根の登山道に達し、ベースに帰還・撤収の後下山。

分類:東北 / 沢登り

山頂:---

同行:ヅカ氏

ハイライトシーン

▲前ヶ岳南壁V字第二スラブを登る。天気に恵まれて久々に乾いた岩の感触を楽しんだ。(2021/10/10撮影)

→「只見川霧来沢鞍掛沢」からの続き。

2021/10/10

△06:45 鞍掛沢出合 △07:15 標高546m二俣 △08:00 奥の二俣 △09:10-25 V字の広場 △12:30-40 稜線 △13:45 登山道 △15:30-55 鞍掛沢出合 △16:45 御神楽岳登山口

ぽかぽかと暖かい一夜が明けて5時起床。火を熾すところからこの日の活動が始まります。

昨日ヅカ氏が執念で見つけたナラタケをラーメンに投入。ヅカ氏の鑑識眼を信用しないわけではないのですが、万一スラブの途中でしゃがみこむことになったり笑いが止まらなくなったりしては困るので、私の方はキノコ控えめです。

霧来沢を遡行すると釜を持つきれいな小滝が出てきましたが、夏ならともかく今の時期は水に浸かりたくないので左から巻き。その後の二俣を右に入るとゴルジュ風に沢幅が迫り、沢床にはきれいなグリーンタフ(緑色凝灰岩)が目立つようになってきます。

そして行く手にいよいよV字スラブが姿を現しました。あれを登るために靴はラバーソール、ロープは50mとしたのですが、見れば見るほど登攀意欲が湧いてきます。そして快晴の下に日がよく当たり、岩はしっかり乾いてくれていそうなのも嬉しいところ。なお登攀の性格としてはアルパインと考えても良さそうですが、沢靴のまま登ることになるのでこの記録では沢登りに分類しました。

奥の二俣を右に向かうと直線的に高度を上げる岩ゴロゴロの通路を登るようになり、いったん左に曲がったところに地肌をむき出しにした崩壊地。ここは日が当たると共に小石がぱらぱらと落ち始めていたので、スピードを上げて通過しました。

続いて細い水流の左壁を登るパートが出てきますが、ここはこの後のスラブ登りのよい予習になります。やがて頭上が開けてきた頃に正面突破は難しそうな滝が現われ、ここは右の藪の中の細いルンゼから巻き上がりましたが、沢筋に戻るタイミングが難しく、早めに戻ったヅカ氏はちょっと怖い思いをし、最後までルンゼを詰めた私は少々クライムダウンしなければならなくなりました。

目の前には巨大なスラブ壁が広がり、見上げると顕著な小ピークの連なり……ではなく、稜線に食い込む凹部が並んでおり、その中で最も深くえぐれている右から二番目の凹部に向かって伸びているスラブが最も易しいとされる第二スラブです。

「V字の広場」と呼ばれる緩傾斜帯のどんづまりに腰を落ち着けて行動食をとったら、ロープを結んでここから登攀開始。第二スラブは全体に斜度が寝ており、この日は岩のコンディションも絶好なのでロープなしで登ることもできそうですが、「安全第一・無事故無違反」がモットーの私は全ピッチをアンザイレンして登ることとしています。というわけで最初のピッチは右に出て、適当なところから上を目指すラインどりを模索しました。

ところが、途中二箇所ほど上へ抜けられそうなポイントがあったもののつい安易な方向を目指して進んでいる内にほとんどスラブを横断しきってしまいました。灌木にスリングを巻いて落ち着いてから見上げて見ると、目指す第二スラブは左上の方向。うーん、これは失敗です。

2ピッチ目は緩傾斜のスラブを左上し、藪の中を突破しての軌道修正としました。

3ピッチ目はヅカ氏のリードで向こうに見えている段差のところまで。4ピッチ目は私のリードで草ぼうぼうのスラブ登り。ところどころ濡れているところはありますが、乾いた岩の上はフリクションが素晴らしく、ランナーの必要性を感じさせません。

5ピッチ目は岩がそこそこ立ってきて楽しいところ。スラブを左へ横断してホールドの豊富そうなラインを登り、ある程度ロープを伸ばした場所にあった水平の三日月状の岩溝にピトンを打って確保支点としました。

引き続き6ピッチ目も「登攀」という言葉を使って差し支えなさそうな斜度のスラブ登りで、50m目一杯のランナウト。登り着いた外傾テラスの灌木に支点を作ってヅカ氏を迎えます。

そして最終ピッチは草付きの段差を越えてから半円形にえぐれたスラブの登りになりましたが、このピッチだけ例外的に岩が脆く、ロープ長がほぼ尽きた状態でのトラバースは少々緊張しました。しかしざらざらの岩を横に抜けると明るいテラスが待っており、ここが事実上の終了点になっていました。

最後にヅカ氏にロープを結んだまま稜線に上がってもらって、これでやっと安全地帯。握手を交わしロープを解きました。ここまで鞍掛沢出合のベースから5時間以上かかりましたが、ロープを出さなければ相当に時間短縮ができそう。しかし逆の見方をするとロープを出しても正午頃には稜線に出られるコンビニエントな課題だと言うこともできます。ただし、ここから稜線上を辿って登山道までの藪漕ぎには閉口しました。かすかな踏み跡がついてはいるものの、左右から覆い被さる灌木の枝がうるさくすんなりとは前に進ませてくれません。時折GPSで方角を確認しながら藪を漕ぎ続け、どうにか登山道に着くことができたときは喉がカラカラになってしまっていました。

それでも最後のご褒美は、杉山ヶ崎の手前から振り返り見た前ヶ岳南壁の眺めです。こうして見るとずいぶんな急斜面を登ってきたように見えて満足感アップ。強いて言えば、あと半月後に登っていたなら美しい紅葉の中のクライミングを楽しむことができたでしょうが、まぁ実際に登っているときは紅葉を愛でる余裕はないかも知れません。

鞍掛沢出合に戻り、テントを撤収して下山開始。楽しかった2日間を思い出しながらてくてく歩いて、あっという間に登山口に帰り着きました。