塾長の山行記録

陣馬山〜高尾山

日程:2009/07/05

概要:陣馬山から高尾山までの低山縦走。

分類:関東周辺

山頂:陣馬山855m / 高尾山599m

同行:マドカ

ハイライトシーン

▲陣馬山。すっきりしない空でしたが、何とか一日もってくれた。(2009/07/05撮影)
▲ゴール!かろうじて2時間を切ったが、コンディション次第でまだまだ短縮できたはず。(2009/07/05撮影)

2009/07/05

△11:30 陣馬高原下 △12:25-45 陣馬山 △14:05 小仏峠 △14:45-15:20 高尾山 △16:05-17:35 高尾山ビアマウント

夏山に向けて脚力を強化しておきたい私と、7月の三連休の白馬での大会に向けて走り込んでおきたいラン友マドカとの利害が一致して、陣馬山から高尾山まで一緒に縦走することにしました。高尾駅北口で待ち合わせて、バスで30分余りで陣馬高原下に到着。ここから陣馬山までは通いなれた道ですが、樹林の中に入ると湿度が高く、すぐに汗だらだら。大量の水分と塩分を失った状態で、陣馬山頂に到着しました。ここでは吉例により、かき氷を食べなければならないことになっています。

一息ついてからいよいよランの開始ですが、この日は梅雨の最中ということもあって道はぬかるみ滑りやすくなっており、特に下り道で不用意にスピードを上げるとすってんころりんと行きそうな雰囲気です。よって無理せず水平の乾いた部分のみスピードを上げることにして、あとはしっとりとした森の緑を愛でながらのんびりと縦走を続けることにしました。

景信山では、梅干しを買い求めて塩分補給。それまでまたしてもふくらはぎの違和感に悩まされていたのですが、どうやらこの梅干しのおかげでなんとかなりそうです。行き交う人々もさまざまな服装で、しっかり登山者ルックもあれば観光客モードの若い子もいたりしましたが、一番決まっていたのは右の写真の小さな登山者でした。

小仏峠を通過した時点で、1時間20分が経過していました。これは高尾山まで2時間切るのも難しいかな、と思いながらも気持ちスピードアップ。城山では美しいアジサイで目の保養をしながらも、とにかく何とか2時間だけは切っておきたいと先を急ぎました。最後の階段を喘ぎながら登って、どうにか2時間を数分切ってゴール。やれやれ、ちょっと情けないタイムですが、この気温とぬかるんだ道とでは仕方なかったと思うしかないでしょう。

高尾山頂の売店で生ビールで乾杯して、のんびりと薬王院経由で下山。しかし、ノンベのマドカがそれで私を解放してくれるはずもなく、そのままビアマウントになだれこむことになりました。どうせ大勢並んでいるだろうと思ったら、待ち時間ゼロで入場して、そこそこいい席につくことができてラッキー!……ではあるのですが、ここ、来週も来ることになっているんですけど。ともあれ、1時間半たらふく飲んで食べて、縦走で使ったエネルギー以上のカロリーを摂取して、ケーブルカーで下山してトレーニングを終えました。しかし、これで本当にトレーニングになっているんでしょうか?