塾長の山行記録

八経ヶ岳

日程:1994/05/04-05

概要:雨の弥山にテントを張り、大峰山系の最高峰、八経ヶ岳をピストン。

分類:近畿 / 日本百名山

山頂:八経ヶ岳1,914m

同行:F女史

ハイライトシーン

▲弥山みせん山頂の小屋は宿泊客でいっぱい。我々は優雅にテントを張った。(1994/05/04撮影)
▲雨とガスの中の八経ヶ岳。降られたわりには潤いの少ない山行だった。(1994/05/05撮影)

1994/05/04

△13:20 行者還トンネル手前 △14:20-30 奥駈道合流点 △15:20-25 聖宝の宿跡 △16:35 弥山

天川川合からタクシーでここまで、意外に高度が上がります。トンネルの手前を右に入り、面白味の少ない道を淡々と歩きました。

急な斜面を登り切るとようやく稜線、吉野から熊野に抜ける奥駈道に合流します。本当は山上ヶ岳からここへ歩きたかったのですが、未だ山上ヶ岳は女人禁制を守っており、我々には採用できないコースになっています。

やがて雨足がはっきり強くなり始め、ゴアのパンツを着けました。修験の遺跡がところどころに残る比較的平坦な尾根道を足早に進んで、やがて今日の宿泊地=弥山。比較的大きな小屋は満員の様子ですが、我々はスギゴケの絨毯がふかふかのテン場にテントを張りました。他にテントは数張。夕食を食べてさっさと寝てしまいました。

1994/05/05

△07:20 弥山 △07:40-45 八経ヶ岳 △08:10-50 弥山 △09:40-50 狼平 △11:25-50 栃尾辻 △13:40 天川川合

今朝は雨は上がりましたがガスの中、展望は期待できませんが、それでも大峰山系の最高峰・八経ヶ岳の山頂を踏まない訳にはいきません。重い足取りで山道を歩くと、ほんのわずかで八経ヶ岳の標識に到達。証拠写真だけ撮って戻りました。ここからは奥駈道をさらに進む者もあれば、我々同様楽を決め込む者もあってさまざまです。

弥山に戻ってテントを畳み、弥山神社に立ち寄ってから下山開始。1時間ほどの下りで着いた狼平には、曇り空の下、沢沿いの斜面に建つぼろぼろの避難小屋。近くの広場にテントが一張り。

栃尾辻までくると天候が回復し、あとは退屈な下りが延々続きました。