大菩薩嶺

日程:1991/01/13

概要:大菩薩峠から大菩薩嶺に達し、唐松尾根を下降。

山頂:大菩薩嶺 2,057m

同行:F女史

山行寸描

▲旧大菩薩峠〜大菩薩嶺方面。期待した雪はほとんどなかった。(1991/01/13撮影)

1991/01/13

△09:50 丸川峠道分岐 → △11:45-12:10 上日川峠 → △12:35-40 福ちゃん荘 → △13:25-50 大菩薩峠 → △14:35 雷岩 → △14:40-50 大菩薩嶺 → △15:35-45 福ちゃん荘 → △16:05 上日川峠 → △17:40 登山口

塩山からタクシーで入った丸川峠道分岐から見上げる稜線方向は霧氷が美しく、そこから約2時間ひたすら登って上日川峠に着き、長兵街山荘で山菜ラーメンを注文しました。朝方はよく晴れて南アルプスの山々が眺められていたのに、ここまで来ると西の方から雲が空を覆い始めていました。

福ちゃん荘からトラバース気味の道を辿って到着した介山荘の前で、至近距離まで近づいて熱心に餌をねだる野鳥にパンくずを与えながら休憩しました。期待していた雪はほとんどなく、アイゼンどころかスパッツも不要です。しかしさすがに風は冷たく、耳や頬が痛くなってきます。

寒々しい旧大菩薩峠を越えて大菩薩嶺まで足を伸ばしましたが、3年前と同じく面白味のない山頂には完全装備の幼稚園児を連れたこれまた山慣れたスタイルの若い夫婦がいるだけです。少々休んでから雷岩まで戻り、唐松尾根を下りました。最後は車道をたらたらと歩くうちに暗くなり、甲府盆地の夜景が眼下に広がりました。

ホーム前の記事次の記事