立山 / 剱岳

概要:室堂から浄土山・雄山・別山の立山三山を縦走して剱沢に泊まり、翌日剱岳をピストンして室堂に下る。

日程:1989/09/15-16

分類:北アルプス / 日本百名山

山頂:立山(大汝山)3,015m / 剱岳2,999m

同行:Fさん

ハイライトシーン

雄山の祠。普段の行いが悪かったのか、とにかく雨にたたられた。(1989/09/15撮影)
剱岳の山頂。眺めはないが、皆それなりの満足感を味わっている様子。(1989/09/16撮影)

1989/09/15

■08:25 室堂 ■09:30 浄土山 ■10:05-25 一ノ越山荘

夕一ミナルの外はガスで真っ白。私とFさんのいずれの行いが悪いのであろうかと考えつつ浄土山を目指しました。途中、かすかに冬の衣装をまといはじめた雷鳥六羽がガーガーと品無く鳴いていました。

■11:20-12:10 雄山 ■12:30-40 大汝山 ■12:40-13:20 大汝山休憩所 ■13:30 富士ノ折立

雄山の神社でお祓いを受け、御神酒の振舞いを受けました。さらに進んだ立山の最高峰、大汝山もガスの中。すぐそばの休憩所で、小屋番さんの愛想の無さの割りには旨いラーメンを食べました。

■14:05 真砂岳 ■14:50-55 別山 ■15:45 剱沢小屋

真砂岳から先ではしっかり吹き降りになり、何も見えない中、急登に喘ぎながら最後のピーク=別山を越えました。

そして最後は雷鳴にせきたてられながら、剱沢小屋に駆け込みました。

1989/09/16

■05:30 剱沢小屋 ■06:10 剣山荘 ■06:45 一服剱 ■08:15-55 前剱 ■10:20-50 剱岳

朝はピンクの霧の中、劔沢の雪渓を渡ります。ナナカマドの実が赤く色付いていました。ひと頑張りで登り着いた一服剱から、視界は無いが稜線通しに行くのであればこちらだろうと下った方向が東。同様に安易に下った他のパーティーも行き詰まってしまいました。結局巻道から正しい道を発見して事無きを得ましたが、45分のタイムロス。しっかりコンパスを見ていれば、こんな事にはならなかったはず。

ともあれ前剱で宿の弁当を広げコーヒーを沸かして一服して、ここから連続する岩場に挑みます。

最初のトラバースの鎖場は、見た目の恐ろしさのわりに余裕で通過。岩壁を垂直に登るカニのタテバイも、最初の一歩が遠いものの思いの外簡単に通過できました。

そしてついに到着した山頂の展望はあいにくゼロでしたが、難所を越えて辿り着いたことに一応満足して、ザックから取り出したグレープフルーツを分け合いました。その後30分間頂上に滞在し、その間、時折西方に思わせぶりな青空と雲海が広がるたびに山頂は多くの登山者の歓声、奇声、拍手で賑やかになりましたが、遂に晴間は訪れてくれませんでした。

後ろ髪を引かれる思いで下山開始。下りのカニの∃コバイは、あらかじめ足の連びを頭に入れてあったにもかかわらず、最初の一歩の足場がなかなか見つからず内心ひきつりました。

しかし、その後はしっかりしたステップを横に数m移動し、鎖を下って安全圏へ。やはり登りよりも下りの方が難しいものです。

■12:55-13:05 一服剱 ■13:25-14:10 剣山荘 ■15:35 別山乗越 ■16:30 雷鳥平 ■17:00 立山室堂山荘

前剱はいつの間にか巻いてしまって、うんざりするような下りの後、一服剱に着きました。そこから剣山荘まではわずかの距離で、ここでしばらく休憩させていただいてから、下界に向かいました。今年は雪が例年になく遅くまで残っているため、いくつかの雪渓を渡るほぼ水平の道沿いには、ツガザクラ、クルマユリ、名残りのチングルマと草黄葉ナナカマドの実が共存していました。

さらに雷鳥坂の下りの途中で霧が払われ、眼下に室堂平の全景が広がりました。