塾長の山行記録

両神山

日程:1989/04/22

概要:白井差から両神山に登り、八丁峠まで岩稜を縦走。

分類:関東周辺 / 日本百名山

山頂:両神山1,723m

同行:---

ハイライトシーン

▲山頂の祠。満開のツツジを見ることを楽しみにしていたのだが……。(1989/04/22撮影)
▲東岳山頂。ここから岩稜が延々続く。(1989/04/22撮影)

1989/04/22

△10:35 白井差口 △12:10-20 一位ガタワ △12:45 両神神社 △13:10-15 両神山 △13:45-50 東岳  △14:40 西岳 △15:30-35 八丁峠 △17:10 坂本

両神神社は樹林の中の静かな社。ここから山頂までツツジを期待しましたが、時期が早過ぎたようです。

両神山は本来展望のよい山ですが、今日は春霞で見通しが利きません。それでも周囲の鋭角的な尾根筋を眺めることはできました。ここから、今回の山行の主眼である八丁尾根の縦走の始まりです。

怒濤の登降、露岩と鎖。タフな腕力を求められました。振り返っても、今越えてきた岩稜のどこが両神山頂かわかりません。やがて八丁峠に到着してほっと一息。ここから北の坂本へ下ります。

坂本に着いてバス停の時刻表を見ると、土曜日は16:25で終わり。そのため、タクシー会社に電話して迎えにきてもらいました(西武秩父駅まで5,990円)。ところが、駅への途中でバスとすれ違って愕然。休日のみのはずの18:11発のバスが運行されていたのでした。