塾長の山行記録

飯豊連峰縦走

日程:1994/08/07-09

概要:川入から三国岳へ登り、三国小屋に宿泊。ここから飯豊本山に達し、西進して御西岳から大日岳を往復。梅花皮小屋に泊まる。翌日、門内岳を越えて扇ノ地紙から梶川尾根を下降。

分類:東北 / 日本百名山

山頂:飯豊本山2,105m / 大日岳2,128m / 北股岳2,025m

同行:F女史

ハイライトシーン

朝の飯豊連峰。今日一日の楽しい山上漫歩を約束してくれているような空。(1994/08/08撮影)
飯豊本山から大日岳を眺める。たおやかな稜線が優しい。(1994/08/08撮影)
烏帽子岳山頂から飯豊本山、御西岳方面を振り返る。長かった一日が間もなく暮れようとしている。(1994/08/08撮影)

1994/08/07

◎12:00 川入キャンプ場 ◎14:05-35 上十五里 ◎15:45-16:05 秀峰水 ◎17:15 三国小屋

F女史は前日郡山から喜多方に先着して一泊、私は京都から北回りで新津から磐越西線に入り喜多方着。お約束の喜多方ラーメンを食べてからタクシーで川入に入りました。タクシーを降りると森の中の寂しいキャンプ場。身支度をしていると手に止まるものがあり、何かと目を凝らすと小甲虫をくわえたヤンマ。見る間にパリパリと小気味よい音をたてて餌を食べてしまい、何食わぬ顔で飛び去ってしまいました。ここからしばらく車道を進み、御沢小屋から登山道に入ります。

登りではポイントごとに休憩をとりましたが、とにかく暑いのにはまいりました。地蔵山への途中からトラバースに入って立ち寄った秀峰水の水場では、下山途中の家族連れから切合小屋の水場に藻が発生していることを教えられました。

剣ヶ峰の岩場を詰めると三国岳の山頂。しっかりしたつくりの小屋に荷物をおいて今日の宿とします。行く手には飯豊本山から大日岳への緩やかな稜線が眺められました。

1994/08/08

◎05:45 三国小屋 ◎07:10-30 切合小屋 ◎08:00 草履塚 ◎09:20-45 飯豊山神社 ◎10:00-10 飯豊山 ◎11:15-30 御西小屋 ◎13:00-15 大日岳 ◎14:30-15:05 御西小屋 ◎15:40-15:50 天狗ノ庭 ◎16:25-16:30 御手洗の池 ◎17:40 烏帽子岳 ◎18:05 梅花皮岳 ◎18:25 梅花皮小屋

朝、磐梯・安達太良・吾妻、少し離れて蔵王、さらに左に朝日の山々が朝靄の上に浮かびます。御来光は蔵王の少し右にひょっこり顔を出しました。

雪渓がところどころに残る緩斜面を右手に見ながら切合小屋に到着。登山者でにぎわう平らな小屋でビールを買いました。今日も一日暑くなりそうです。

草履塚から姥権現、御秘所とポイントはいろいろありますが、いずれも何ということもなく通過しました。やがて前方の高みが徐々に近づいてきて、到着したのが飯豊山神社。コンクリート造りの神社の手前に二階建ての本山小屋があります。小屋の前庭でパンを食べながら休憩。

飯豊山は稜線上の小突起、といったところ。ケルン状に岩が重なった山頂に登山者が集い、記念撮影に余念がありません。行く手には御西岳から大日岳まで続く稜線が緩やかに続きます。

緩やかに見えた稜線の道は石ゴロゴロの歩きにくい道で、意外に楽ではありませんでした。御西小屋の外にザックをデポして大日岳へのピストンにかかりますが、ここで真っ赤に日焼けしてしまいました。途中の稜線脇にある文平ノ池にはテントが一張り、時間を止めてのんびり日光浴している登山者がいました。

細長い大日岳山頂には標識が一つ立つだけ。前方には西大日岳まで道が続いていますが、そこまで行く元気はなく、小休止の後往路を引き返しました。御西小屋から南側へ少々下ったところには豊富な水量の水場があり、清冽な冷水に生き返りました。F女史もアライグマみたいにしゃがみこんで水をごくごく飲んでいます。ここで一泊するか先へ進むか迷いましたが、意を決して前進することに。

もと高層湿原という天狗ノ庭は登山者に踏み荒らされてすっかり荒れてしまっていました。さらに夕方の誰もいない稜線通しの道をとぼとぼ進み、周囲にトラノオが目立つ登山道を登って達した烏帽子岳の山頂は、飯豊本山から大日岳にかけての稜線を振り返り見る絶好の展望台になっていました。日は既に傾きかけており、今日一日の長い歩きをかみしめながら、さらに先へ進みました。

夕暮れが夜に変わりかける頃ようやく梅花皮小屋に到着。ここも水場が近く、豊富な水量と味の良さはこの稜線随一です。

1994/08/09

◎06:55 梅花皮小屋 ◎07:20 北股岳 ◎08:20 門内岳 ◎08:45-50 扇の地紙 ◎09:20 梶川峰 ◎10:00 五郎清水 ◎10:35-10:45 滝見場 ◎11:20 湯沢峰 ◎12:50 登山口

小屋から北へ、稜線の道をひたすら進みます。途中紫のマツムシソウの群落を見たりしながら道は単調に先へ進んで扇の地紙で梶川尾根と主稜線を分けており、ここからうっすらと飯豊本山が望まれました。

梶川尾根は梶川峰まで水平に東進した後、途中滝見場からの石転ビ雪渓と梅花皮滝をアクセントとしながら、急坂を転げ落ちるように天狗平へ向かいました。


下界に到達し、飯豊山荘から地図の裏に記載されている宿にあちこち電話をかけ、民宿の奥川入荘に落ちつくことに決めました。バスで長者原へ移動し、歩くこと5分。着いた民宿は素朴な造りの民家で、一見したところあまり期待はできないと思われたのですが、見ると実際とは大違い。風呂はゆったりと広く、食事も豪勢(夜はカワマスの洗い、イワナの揚げ物の甘酢あんかけ、マイタケの酢の物、昆布と山菜の炒め煮、新鮮なトマト、キュウリの浅漬け、ご飯とお味噌汁、地鶏の卵。朝はマイタケおこわ、茄子の炒め煮、茄子の漬け物、お味噌汁)ですっかり寛ぎました。これまで経験しているいくつもの山行の中でも最高の食事を味わえたのは幸運でした。

巨大な飯豊連峰のパノラマ三題

飯豊山頂から大日岳〜北股岳方面
大日岳山頂から北股岳〜飯豊本山方面
烏帽子岳山頂から飯豊本山〜大日岳方面

→「朝日連峰縦走」へ続く。