塾長の山行記録

芦別岳

日程:1990/08/05

概要:山麓のキャンプ場から新道を経て芦別岳に達し、旧道から下山。

分類:北海道

山頂:芦別岳1,727m

同行:---

ハイライトシーン

▲旧道から振り返る芦別岳。北海道のマッターホルンと呼ばれるのがよくわかる。(1990/08/05撮影)

1990/08/05

△08:10 キャンプ場 △09:10-25 展望台 △10:00 覚太郎コース分岐 △10:45-50 半面山 △11:05 熊の沼 △11:25-35 雲峰山 △12:00-45 芦別岳 △15:35 夫婦岩分岐 △16:10-15 ユーフレ川出合 △17:25 キャンプ場

前夜千歳空港に入り、夜行で新得へ移動。朝一番の列車で山部に着き、キャンプ場までタクシーを使いました。手早くテントを張り、デイパックに飲物、食物、雨具等を詰めて出発。スタートが遅いこともあって、新道から登り旧道から下山することにしました。

暑い尾根道の登りに疲れ始めた頃、展望台に到着。振り返れば、富良野盆地が眺められました。さらに登高を続けて半面山の平らな山頂に着くと、雲峰山越しに芦別岳の姿が望まれました。ウメバチソウやキリンソウ、ウスユキソウの類が路傍に多く見られます。さらに進んで雲峰山は芦別岳の恰好の展望台。行く手には胸を突くような斜面が立ちはだかります。

雪渓が消えた後のお花畑を横目に急登、最後は岩場になって、タ張山系最高峰に意外にあっけなく到着しました。よく晴れていましたが、周囲に比べて飛ぴ抜けて高い山ではないため、さほどの高度感は無く、南隣のポントナシベツ岳までも緩やかな緑の高原になっています。

昼食を終え、山頂を後にして北尾根へと向かいました。アップダウンの多いやせ尾根が続き、足元は風化して崩れやすく歩きにくいのですが、こちらからの芦別岳は天を突く槍のように鋭く、そこから本谷の底まで岩の屏風をまっ逆さまになだれ落としたような迫力ある姿をして立派……と感激していたのは途中までで、やがて道は展望の無い、ひどいブッシュ漕ぎになりました。

おむすびを連想させる夫婦岩を右に見ながら緩やかに下り、さらに沢沿いのぬかるみを滑り下りました。30分余りも苦戦して、やっとユーフレ川沿いのまともな道ヘ。ここからもまだ、高巻きを繰り返すしんどい行程が残っていました。

→「トムラウシ山〜十勝連峰」へ続く。