丹沢主脈縦走

日程:1986/08/31

概要:塔ノ岳から丹沢山、蛭ヶ岳を経て焼山へ、丹沢を南北に縦断。

山頂:塔ノ岳 1,491m / 丹沢山 1,567m / 蛭ヶ岳 1,673m

同行:---

1986/08/31

△06:55 大倉 → △09:15 花立 → △09:40-10:30 塔ノ岳 → △11:05 竜ヶ馬場 → △11:25-12:35 丹沢山 → △13:10 不動ノ峰 → △13:20 棚沢ノ頭 → △13:35 鬼ヶ岩 → △14:05-50 蛭ヶ岳 → △15:30 原小屋平 → △15:50 姫次 → △17:00-10 焼山 → △18:05 西野々

  • がんばって着いた塔ノ岳山頂ですが、日を遮るものが無く暑くてたまりません。後から思えばここで既に熱射病にかかっていたようです。
  • 丹沢山頂の小屋でジュースを買って、木蔭でぐったりと休みました。ここからは笹がちの明るい尾根が続きます。
  • 蛭ヶ岳の山頂には3人パーティーがいて、餌をねだる野生の鹿と喧嘩を始めました。ここでも横になって静養しました。
  • 原小屋平にはコンクリートの土台しか残っていませんでした。続く姫次は、開けた小平地にテーブルとベンチがしつらえてあります。焼山は、石祠と鉄塔が立つだけの寂しい山頂でした。

ホーム前の記事次の記事