川苔山〜本仁田山

日程:1986/04/13

概要:川苔谷を川沿いに歩き百尋滝を見た後、川苔山から本仁田山を経て奥多摩駅に下る。

山頂:川苔山 1,363m

同行:---

1986/04/13

△10:00 川苔橋 → △11:00 百尋滝 → △11:55-12:00 足毛岩の肩 → △12:25-13:10 川苔山 → △14:00 大ダワ → △14:15 瘤高山 → △14:30-45 本仁田山 → △16:00 奥多摩

  • 奥多摩駅からのバスの便が悪く、タクシー相乗りで川苔橋へ。川苔谷の川沿いの道を登って出会った百尋滝は、素晴らしい高さと水量でした。
  • 登山道は雪が残り、滑ったりぬかるんだり歩きづらい。東ノ肩への道が木材搬出のため通行禁止だったため足毛岩の肩に回りましたが、残雪たっぷりの急登に出会い難儀しました。
  • 川苔山頂からは正面に六ツ石山から雲取山に連なる山並、左に大岳山・御前山・三頭山が眺められましたが、既に霞み始めていました。
  • 展望の無い本仁田山頂にはヤグラと休業中の茶屋があり、近くで家族連れが弁当を広げていました。下りの途中に何故かお茶やジュースを売るおじさんがおり、50円でお茶を2杯もらいました。
  • 道は3月下旬の雪で倒木が多い様子。車道に出たところには清流を利用して山葵田を作る民家が2軒ありました。

ホーム前の記事次の記事