塾長の山行記録
climb.juqcho.jp

塾長の山行記録

那須岳

日程:1998/07/04

概要:那須ロープウェイ山頂駅から茶臼岳に登ったのち、北上して朝日岳の山頂を踏み、来た道を戻って峰の茶屋から下山。

山頂:茶臼岳 1,915m / 朝日岳 1,896m

同行:ヨウコさん / チョさん

山行寸描

▲茶臼岳山頂の祠の前で記念撮影。左ヨウコさん・右チョさん。(1998/07/04撮影)
▲茶臼岳から朝日岳を眺める。道は峰の茶屋を経て右上へ大きく登り返している。(1998/07/04撮影)

同僚のヨウコさん・チョさんを連れての「登山教室」として、関東近郊で手軽に登れ、アルペンムードも味わえる那須岳に向かいました。

1998/07/04

△11:05 那須ロープウェイ山頂駅 → △11:35-45 茶臼岳 → △12:10-50 峰の茶屋 → △13:25-35 朝日岳 → △14:10 峰の茶屋 → △14:50 那須ロープウェイ山麓駅

山麓駅に着いた時点では強風のためロープウェイが運行休止中でしたが、身繕ろいしている内に運転が再開されることになり、これをためらわず利用することにしました。山頂駅からはざらざらの歩きにくい急坂が続き、日射しの暑さとあいまって生徒2人は早くも肩で息をし始めます。やがてごろごろの岩場を登り詰めると待望の山頂で、最高点の祠の前で記念写真を撮り、小休止の後に旧火口をぐるりと回って峰の茶屋へ下りました。

峰の茶屋の休憩所の横でベンチに腰掛けての昼食は、各自持参の菓子パンのほかに、私のザックからハム、チーズ、ワイン、パインとみかんの缶詰が出現して生徒たちを喜ばせましたが、このワインが後で2人を苦しめることになりました。

昼食を終えたら朝日岳を目指して出発です。稜線の東側をトラバースする道沿いでモウセンゴケを見つけて喜んだのもつかの間、剣が峰の急登でアルコールが全身を駆け巡った生徒2人は心臓を早鐘のように鳴らしてしまい、へろへろになりながら鎖場を通過する羽目になりました。

それでもようやく朝日岳の肩に到着し、ザックをデポして山頂に登り互いに握手。雲が上がってきて展望は限られていましたが、今日最後のピークでトンボの群れに祝福され、満足のひとときを過ごしました。

朝日岳の肩に置いたザックを回収し、往路をそのまま峰の茶屋へ戻って茶臼岳の斜面につけられた下山路を下りました。ところがこの日、チョさんがビブラムソールのフリクションばっちりのキャラバンシューズを履いているのに対しヨウコさんの靴底はのっぺりつるつるで、砂まじりの下り斜面で足を滑らせるたびにヨウコさんは「ふわあ!」と情けない悲鳴を上げていました。

山麓駅からはそのまま大丸温泉まで下り、旅館でゆっくり湯につかって汗を流してから、降り出した雨を眺めながらバス停近くの売店でビールで乾杯。さらに帰京してからも浅草で打上げをして、盛り沢山だった一日を締めくくりました。

ホーム前の記事次の記事