塾長の山行記録
climb.juqcho.jp

塾長の山行記録

四阿山

日程:1994/10/09

概要:鳥居峠から的岩経由で四阿山に登り、根子岳を経て菅平へ。

山頂:四阿山 2,354m / 根子岳 2,207m

同行:F女史

山行寸描

▲根子岳方面から眺めた四阿山。鞍部の笹原が美しい。(1994/10/09撮影)
▲鞍部から見る根子岳。緩やかに山頂へと斜面が続く。(1994/10/09撮影)

1994/10/09

△08:45 鳥居峠 → △10:00-20 的岩 → △11:10-15 休憩所 → △12:25-55 四阿山 → △14:20-30 根子岳 → △15:45 菅平プリンスホテル

上野から乗った夜行列車を上田で降りるはずでしたが、眠りから覚めてみれば列車は既に長野を過ぎています。あわてて妙高高原から折り返し、予定からかなり遅れて着いた上田駅からタクシーに乗りました。

こうして登り着いた鳥居峠には幸いしっかりした売店があり、ここで水を補給して登山道に入りました。天気は良くもなく悪くもなくといったところです。

やがて目の前に出てきた屏風上の岩壁が的岩で、とても自然の造形とは信じられないほど見事に石組みされています。付近の楓の紅葉を愛でながらしばらく岩の上を歩いて遊びましたが、高い所に弱い私はてっぺんまでは登り(れ)ませんでした。

山頂まであと2kmの標識が立っている休憩所を過ぎる頃からガスがかかり始め、登り着いた四阿山頂では根子岳側はきれいに晴れて美しい草原が広がっていましたが、反対側の往路方向は真っ白になっていました。山頂には主に家族連れの登山者が多く、社の陰には白い犬が静かに寝そべっており、彼らと共に腰を下ろして持ってきたパンやおにぎりを食べたらそそくさと下りました。

笹の急斜面を下り、草原を渡って登り返す頃からこちら側にもガスが湧き始め、根子岳山頂に着く頃には一面霧の中となりました。ケルンが立つ平らな山頂にはこれといった面白味もなく、寒い中ナタデココのデザートを食べたら下山にかかります。道は白樺の黄葉が美しい緩やかな斜面を通り、やがて菅平の別荘地内の車道となって菅平プリンスホテルに行き着きました。ここでタクシーを呼んで鳥居峠を越え万座・鹿沢口へ向かいましたが、今宵の宿がある草津温泉に着いたときにはとっぷり日が暮れていました。

◎「草津白根山」へ続く。

ホーム前の記事次の記事