塾長の山行記録

戸隠山〜高妻山

日程:1993/10/10-11

概要:戸隠奥社から戸隠山へ登り、山稜上を一不動へ縦走して避難小屋泊。翌日高妻山を往復して戸隠牧場へ下山。

分類:上信越 / 日本百名山

山頂:戸隠山1,900m / 高妻山2,353m

同行:F女史

ハイライトシーン

蟻の塔渡り。足がすくむ細さと高度感だが、巻き道もちゃんとある。(1993/10/10撮影)
紅葉の向こうに高妻山。ピラミッド状の山容が秀逸だが、登頂までは意外にアルバイトを強いられる。(1993/10/11撮影)

1993/10/10

◎08:35 戸隠キャンプ場 ◎09:00 奥社入口 ◎09:35-50 奥社 ◎11:05 五十間長屋 ◎12:00 蟻の塔渡り ◎12:20-40 八方睨 ◎12:55 戸隠山 ◎15:25 一不動避難小屋

長野駅からバスで奥社入口へ。ところが寝過ごしてしまい、終点の戸隠キャンプ場から歩いて奥社入口へ引き返しました。

見上げると、秋の色に色づいた広葉樹林の上に屏風のような戸隠の岩壁が聳え立っています。どこまでも真っすぐな樹林の中の参道を進むと、やや登って岩壁のすぐ下の奥社に辿り着きました。意外にからっと明るく、こじんまりとした奥社からは正面に飯縄山を見、遠くには浅間山から連なる上信国境の山々を眺めることができました。

登山道は奥社の社務所手前から左に入り、栃の実の皮が目立つ急斜面の尾根道をぐんぐん高度を稼ぎます。やがて五十間長屋、百間長屋と呼ばれる岩場から徐々に修験の岩山らしい地形が現れ、蟻の塔渡りで厳しさのピークを迎えました。

結構肝を冷やすナイフリッジで、幅50cmで両側がスパッと切れ落ちています。びびりながら通過し、一登りで展望が良い八方睨へ到着。空にはほとんど雲がなく、信州の山々から右手には北アルプスの連山。北には間近に今山行の目的地である高妻山がすっくと立っています。紅葉したナナカマドを手前に置いて記念写真を撮りましたが、全く見飽きぬ堂々とした、しかもすっきりとした山でした。

稜線の上を縦走に入り、すぐに何の変哲もない戸隠山のピークを越えて、一不動を目指しました。右手に飯縄山を見下ろしながらのアップダウンが続きますが、やがて霧が流れ始めると面白味のない行軍に変わります。最後に長い坂を下るとブロック造りの避難小屋が現れました。

シュラフを敷く場所を確保して、すぐに夕食の支度を始めました。会津駒ヶ岳以来の青椒肉絲とレトルトの赤飯にパックの日本酒で満腹になり、19時前には就寝しました。

1993/10/11

◎06:45 一不動避難小屋 ◎07:45 五地蔵 ◎09:40-10:20 高妻山 ◎11:50-12:00 五地蔵 ◎12:45-13:00 一不動避難小屋 ◎13:20 帯岩 ◎14:50 戸隠キャンプ場

夜半、激しい雨音に目を覚ましたりもしましたが、明けてみれば今日も晴れ。最小限のパッキングをして高妻山へのピストンにかかりました。

眺めのよい五地蔵からは、朝の低い日差しの下で雲海が輝き、富士山や八ヶ岳、南アルプスがシルエットになって見えました。正面には森に覆われた黒姫山。その左奥に妙高・火打・焼山の頚城三山が連なります。八丁ダルミから笹がちの長い急登を登りきると緩やかな短いプロムナードを経て、十阿弥陀と御鏡を過ぎると岩塊の高妻山三角点に着きました。

静かで暖かい山頂からは、北アルプスの全山をはじめ、素晴らしい展望を眺めることができました。また頚城三山の手前、すぐ目の前に往復2時間の乙妻山が立ち上っています。これらの眺めを堪能しながら昼食をとりましたが、岩陰には雪の跡もあり、冬の気配を感じさせました。

往路を戻って避難小屋へ。パッキングをしなおして小屋を辞し、下山を開始しました。

道は岩がちの急坂がやがて沢に変わりました。あらかじめ心配していた帯岩も鎖を使ってなんということもなく通過し、快調に沢を下ります。やがて沢を離れると、道は牧場の中を抜けるようになり、牛や馬、山羊を眺めながらの楽しい散歩道となりました。