乗鞍岳

日程:1989/08/13

概要:1週間後に迫った北海道山行を前に、足慣らしを兼ねて乗鞍岳ヘ。最も楽な畳平から剣ヶ峰の往復コース。

山頂:剣ヶ峰 3,026m

同行:---

山行寸描

▲すっきり高い山頂部を見上げる。観光地化しているのが少々残念。(1989/08/13撮影)
▲山頂から北の眺め。穂高の吊り尾根や笠ヶ岳などがよく見通せる。(1989/08/13撮影)

1989/08/13

△07:00 畳平 → △07:25 肩ノ小屋 → △08:00-30 乗鞍岳 → △08:45-55 朝日岳 → △09:15-35 肩ノ小屋 → △09:55 畳平

新宿からの夜行で5時頃に新島々に着きましたが、始発バスまでは2時間待ち。幸い、数少ないタクシーに相乗りさせてもらえました。

久しぶりのハイマツとナナカマド。コロナ観測所のドームの建つ摩利支天岳を巻くと、眼前に剣ヶ峰が聳えます。日の丸がへんぽんと翻るその山頂は混雑しており、なぜかこんなところにシンセサイザー(KORG M1)を担ぎ上げて演奏を聴かせる奇特な若者もいました。快晴の青空の彼方、南には御嶽山、北には北アルプスの山々が見え、中でも穂高岳の吊尾根が特徴的。また火口湖(権現池)の上には加賀の白山も見えました。

肩ノ小屋で持参したソルダムとトウモロコシで朝食。元来た道を歩いて畳平に戻り、バスで下りました。車窓からは道路脇の雪渓でスキーヤーが気持ち良さそうに滑降を楽しんでいる様子を眺められましたが、彼らの路上駐車で道路は大渋滞。本来15分ほどの下りをバス会社職員が必死に整理誘導して1時間15分位かかり、渋滞を抜けたときには期せずして乗客から拍手が湧きました。

ホーム前の記事次の記事