▲今回の伊勢沢大滝の登攀ライン。コンディション次第でラインはさまざまにとれる。