千丈ノ滝。下段の右壁にラインが見えなくもないが、上段の滝は手に負えそうにない。