大石沢(2014/10/12)

▲穏やかな朝。奥が本流、左が大石沢。
▲下流の方から朝日が射し込んできた。
▲時間の経過と共に色合いを変える紅葉に見とれる。
▲いつまでも見とれてはいられないので、出発。
▲大石沢の出だしからしばらくは、こうしたナメ床を楽しむことができる。
▲水量豊富、ナメも豊富。
▲最初の二股を過ぎてゴーロ帯を過ぎると、再びナメ沢。
▲低いナメ滝も出てきた。
▲こういう沢には、フェルトソールが似合う。
▲その先もしばらくはナメ床が続いていたが……。
▲ナメが終われば名前の通りの石ごろごろの沢になる。
▲標高差を短い距離で詰めるようになり、小滝も出てきた。
▲連瀑帯。易しいものばかり。
▲このあたり、ぐんぐん標高を上げていく。
▲標高1,100mあたりの分岐を右へ。ピンクテープがあった。
▲等高線が広がり、穏やかな歩きに。
▲遠くに乳頭山らしきピーク。
▲いつの間にか、水量がぐっと落ちてくる。
▲笹薮の中、軌道修正して右方向へ。
▲完全に水が涸れて乾いた笹薮を漕いだが……。
▲すぐに草原に出ることができた。
▲背後を見ると、田代平は一段低いところに広がっていた。
▲よって軌道修正して再び藪漕ぎ。すぐに登山道に出られた。
▲向こうに見えている田代平目指してGO。
▲秋枯れ(?)の高層湿原。
▲田代平で遡行終了。装備を解いて下山した。