片品川中ノ岐沢小淵沢(2007/08/18)

▲入渓点。この辺は見た目がしょぼい感じ。
▲易しい小滝。2人にどんどん先行してもらいます。
▲小滝が続く。だんだん身体と頭を使うようになってくる。
▲楽しいナメ帯。なるべく中央を行きます。
▲ちょっと立った2m滝。2人とも問題なく抜けていく。
▲ナメ小滝。これで天気が良ければ最高なのですが……。
▲最初にロープを出した7m滝。左端を、笹もつかみながら登る。
▲ボコボコの小滝。フリクションもよく利きます。
▲こういう風に荒れているところもあるのが残念。
▲明るい15m滝。左端にラインをとりました。
▲厳しい水勢。思い切り頭からかぶりました。
▲2段の斜滝。右寄りを問題なく越える。
▲樋状の滝。水流の中にホールドがある。
▲多段滝。この奥が20mナメ滝。
▲20mナメ滝。左端より中央の方が簡単。
▲上流の明るいナメ帯。
▲壁のような10m滝。バンド状を左上。
▲最後の12m滝。ここを右から巻けば、滝は終了。
▲源流。コンパスを見ながら笹を漕ぐ。
▲笹漕ぎ終了。おそらく去年とほぼ同じ場所に出た。
▲小淵沢田代。ここで装備を解きた。