湯檜曽川大倉沢(2004/08/14)

武能沢出合。ここで装備をつけて入渓。
魚止滝。水流左の岩を乗り越して行くのだが……。
……ひろた氏が、早速「お約束」を見せてくれた。
ゴルジュの中に小滝が続く。右岸の岩がプロムナードを提供。
短い河原歩きの後に出てくる滝。左から近づけば水は腰まで。
ウナギ淵。右から濡れずに越えられるという話だったが……。
……ひろたさん、話が違うんじゃないの?
8m滝。左の大岩を乗り越した。
30mナメ滝。奥には抱返り沢も見えて絶景。
十字峡。左が本谷、右が大倉沢。
大倉沢に入る。出だしのF1からなかなか楽しい。
最初の滝に続くゴルジュ状地形の奥にF2。
F2。右から近づき、大胆に水をかぶって登る。
F3。この滝は左から取り付く。
F3の左壁をへつるひろた氏。私は一段上を巻いた。
なんとも楽しい地形が続く。
滑りやすそうな滝。右からも簡単に越えられる。
F5(20m)。唯一ロープを出した滝。
F5を左から越えるひろた氏。部分的に際どい感じ。
F5の下でロープを結ぶ私。ヤッケを着込んでいるのに注目。
右の瀑心を登る私。残念ながらここから右壁へ逃げた。
F6=三段滝。まったく飽きることがない多様な滝の連続。
やはりF6。上から見るとつるつるですが、実際はホールド豊富。
F7=40m大滝。これは立派!
大滝の登り。次々にホールドが現れて容易。
大滝を登るひろた氏。この高度感が楽しい。
F8。ここからナメ滝帯に入る。
瀑心突破を試みるひろた氏。「ムズイ!」とハマってしまった。
ナメが続く。喜びのあまり声が裏返っていく。
F9。だんだん天気が悪くなってきた。
5:1の二俣を左へ。稜線は近いようでまだまだ先。
F10=15mナメ滝。水流沿いに容易に登れる。
F10を登る私。すこぶる気分よし。
F11。これは水線左から登り、落ち口で右へトラバース。
再びゴルジュ帯。奥にCS滝が見えている。
F12=5mCS滝。ここはボルダーチックで面白かった。
ちょっと悪い小滝。残置スリング二本でA0。
突っ張りの小滝。足の長さ(?)を問われる。
100mナメ。だんだん凄いことになってきた。
嬉々としてナメを登るひろた氏。上越の沢らしい雰囲気。
赤い樋状の滝。このあたりから岩質が変わる。
F14。このルートは難しく、右から巻き気味に越えた。
さらにナメ滝を登る。徐々に傾斜が立ってきた。
6m樋状滝。左のスローパー(?)がキーホールド。
もはやこの程度は「小滝」というより「段差」という感じ。
F15=20mナメ滝。晴れていないのが残念。
最後の二俣。ここから左俣50mに挑む。
F16=50m滝。岩質がちょっと脆いので要注意。
直登に挑む……が、適当なホールドがなくここは断念。
最後の滝を登る。ここを過ぎるとはっきり源流帯となる。
源流帯。しばらくは薮漕ぎもなく快適。
稜線近くの草原。この後に20分のハイマツ漕ぎが待っていた。
朝日岳山頂。お疲れさまでした。