▲南側から見る刈田岳。ゆったりと広がる山肌に刻み込まれた道路が痛々しい。