▲早朝の刈田岳からの熊野岳とお釜。この辺りは観光地化しているが、その北にも南にも、静かな縦走路が伸びている。